事業紹介 > 全国少年少女野球教室の開催

全国少年少女野球教室の開催

1日に1万人を超えるこどもたちと野球教室でふれあうOBクラブの伝統的な事業です

〔自主事業〕

〔目的:野球に関する技術指導〕

 

 毎年5月(2010年度までは5月5日のこどもの日)に、元プロ野球選手をはじめとする当法人の会員を指導者として派遣し、47都道府県48会場(東京都は2会場)で、小学生及び中学生の少年・少女に野球に関する技術指導を行う事業です。


 この事業は、日本プロ野球OBクラブが任意団体だった1995年に始まり、この間の20年間で、延べ27万2907人の児童が参加しています。


 参加学童は1万人を超え、派遣指導者も400人近くが参加するという、同日に行う野球教室としては類を見ない大規模な事業です。


 派遣講師の元プロ野球選手はじめ当振興会の正会員が自発的に参加して、野球を広く普及するために取り組んでいます。将来を担うこどもたちに野球の魅力や楽しさを伝えるとともに、心のふれあいができる場を提供することにより、競技人口の底辺拡大、スポーツの普及・振興及び青少年の健全育成に寄与することを目的として行っています。

 

 

• 開 催 日  : 年1回 5月第2日曜日

• 会  場 : 47都道府県48会場(東京都のみ2会場)

• 参加児童 : 約13,000人

• 派遣講師 : 410人

 

第22回 ダイワハウス全国少年少女野球教室  5月8日(日)に全国で一斉に開催!

↓ 開催概要・開催会場・開催時間・担当講師など詳しい情報は、以下をクリック! ↓

「全国少年少女野球教室」名物アトラクション「キャッチボールリレー競争」って?

■ 野球の基本「キャッチボール」を楽しく学び、チームワークを育むゲームをご紹介します。 詳しくはこちら

 

◆2016年度の第22回ダイワハウス全国少年少女野球教室の、実施概要、報告はこちらをご覧ください。

 

特別協賛社:大和ハウス工業株式会社

http://www.daiwahouse.co.jp/