事業紹介 > 日本高等学校野球連盟への協力事業

日本高等学校野球連盟への協力事業

〔自主事業〕

〔目的:野球に関する指導者の養成、プロ・アマ交流に資する各種行事の開催、全日本野球会議その他野球に関する団体との連携協力〕

 

 (公財)日本高等学校野球連盟を通じて各都道府県高等学校野球連盟からの依頼により、高等学校野球部を対象に、元プロ野球選手をはじめとする当法人の会員を指導者として派遣し、全国各地で「元プロ野球選手技術指導講習会」として野球に関する技術指導を行っています。
 

 本事業は元プロ野球選手が現役高校野球部員への実技指導並びに高校野球指導者への指導方法をアドバイスすることにより、高校野球の競技力向上並びに高校野球指導者の資質向上に助力することを目的としています。


 講師であるプロ野球経験者たちも、かつては高校球児の一人。高校時代の積み重ねがその後のプロとしてやっていける高度な技術習得につながった、その経験を後進の育成に役立てていただくために取り組んでいる事業です。2005年からの7年間で、延べ53道県の高等学校野球連盟に述べ300人の指導者を派遣してきました。

 

 

• 主  催 : 各都道府県高等学校野球連盟

• 実施回数 : 年間12回