団体概要 > 理事長のごあいさつ

八木澤荘六 全国野球振興会理事長 挨拶

「野球が切り開く未来づくり」

「野球界への恩返し」

この志を胸に、私たちプロ野球出身者は19944月にその力を結集するために「日本プロ野球OBクラブ」を設立しました。さに国民的スポーツといわれる野球。その野球に魅せられ、野球で育ち、そしてプロ野球の世界に関わったOBおよびプロ関係者が、もっと多くの人たちに野球の魅力を伝えていきたい……そんな一人一人の思いが、当法人のまさに原動力です。

 

私たちは、将来を担う子どもたちに健全に育ってもらいたい、そんな願いから野球の楽しさ、仲間を思いやる気持ちの大切さ、ケガの未然防止を目途とした基本の習得などを目的に、野球教室を全国で展開しています。また、日本が世界に誇る「野球力」をさらに増進するために、野球指導者の皆さんと一緒に技術指導の講習の場をつくっています。そして、会員であるプロ野球OBたちも指導力向上のために相互に磨きをかけるため、自主的なセミナーを開催し、勉強を重ねております。

 

本年春、学生野球資格回復したプロ野球OBが、高校、大学での指導をする機会が増えることになるでしょう。当法人は発足以来、この日の来ることを待ち望み、そのために指導力向上を自らはかりながら、各アマチュア団体と連携しながら各種の講習会の場をもってきています。地道な活動の積み重ねが今日の変革につながっていると私は確信しています。野球は国民的スポーツと言われてきました。そして、国際的な大会も増え、また国外でプレーするプロ野球の後輩たちも多く輩出していますが、しかし、一方では野球がオリンピックの正式種目として選ばれない厳しい現実もあります。野球の面白さを他国の人々にも味わってもらい、世界的に広がるためにもプロ野球出身者が力になれることがあると思っています。

 

プロ野球が誕生して80年。数多くの先達の努力によって一番注目を浴びるスポーツに育ったプロ野球。ファンの皆さんに育てていただいた私たちプロ野球OBが、プロ野球100年、そしてその先のさらなる発展のため、そして野球を通じて多くの人々が心豊かに日々を過ごしていける社会であってほしいと願いながら、活動を続けて参ります。

 

この春、当法人は発足から20周年を迎えます。私たちプロ野球OBが一丸となって、目標に向かって全力投球で挑戦してまいる所存です。多くの方のこれまでいただきましたご支援ご助力に感謝申し上げますとともに、「野球で切り開く未来づくり」へこれからも変わらぬご指導をお願い申し上げます。

 

 

                              2014年2月

 

                              公益社団法人全国野球振興会

                              (日本プロ野球OBクラブ)

理事長 八木澤荘六