平成21年度 事業報告書

Ⅰ 事業の状況

 1.野球に関する指導者の養成

  (1)全国アマチュア野球指導者講習会(5,782千円)

全日本アマチュア野球連盟に指導者登録されたプロ野球出身者を派遣し、全国9ブロックにおいて実技講習を行った。

 

主  催:社団法人全国野球振興会

実施会場:全国9会場

受講対象:アマチュア野球指導者

受講者数:610名

講  師:1会場あたり4名のべ36

《概要》

 

 

 2.野球に関する技術指導

  (1)こどもの日全国少年野球教室の開催(18,215千円)

将将来を担うこどもたちに野球の魅力や楽しさを伝えるとともに、心のふれあいができる場を提供することにより、底辺拡大、スポーツの普及・振興及び青少年の健全育成に寄与することを目的とし、5月5日のこどもの日にプロ野球出身者を指導者として47都道府県48会場に372名を派遣し、10,293名のこどもたちを指導した。

 

主  催:社団法人全国野球振興会

開 催 日 :200955日(火・祝)

会  場:47都道府県48会場(東京都のみ2会場)

参加者数:10,293

派遣講師:372

《開催地一覧》

 

 

  (2)中学校軟式野球選手・指導者強化事業(1,380千円)

アマチュア選手のさらなる技術の向上のため、トップレベルの技術と経験を有するプロ野球OBが、一定レベル以上の技術を備えたアマチュア選手とその指導者に対し、高度な技術を還元することで、アマチュア野球の技術力向上を促進することを目的とした文部科学省の委託事業。全国8会場にて当会会員による「実技指導」「講演会」を実施した。

 

主  催:社団法人全国野球振興会

委 託 元 :文部科学省

開 催 日 :200812月~2009年2月

会  場:全国8会場(北海道、福島県、埼玉県、長野県、静岡県、大阪府、岡山県、長崎県)

参加者数:690名

派遣講師:のべ16

《概要》

 

 

  (3)各種少年野球教室の開催(6,536千円)

行行政、団体、企業等からの依頼により、各種野球教室の講師としてOB会員を派遣。

 

① 一般野球教室

主  催:各地方団体、各野球連盟、企業・団体等

実施回数:18回

派遣講師:のべ40名

 

② 平成21年度 トップアスリート派遣指導事業

主  催:文部科学省、財団法人日本体育協会

後  援:各地方公共団体

実施回数:36回

受講者数:小学生(一部中学生含む)約2,880名

派遣人数:36名

 

  (4)東京ベースボールスクール(581千円)

高校進学後も真剣に野球に取り組もうと考えている中学校3年生を対象とした、プロ野球OBによる3~4ヶ月間の集中型技術指導スクールへの運営協力および講師派遣。

 

主  催:株式会社ベースボールコミュニケーション

協  力:社団法人全国野球振興会

会  場:神宮室内練習場

実施回数:10回

受講者数:20名

派遣講師:5名

 

 

 3.プロ・アマ交流に資する各種行事の開催

  (1)全国アマチュア野球指導者講習会

※ 1-(1)参照

 

 

 4.全日本野球会議その他野球に関する団体との連携協力(990千円)

① 全日本野球会議内の指導者講習会等の講師としてOB会員を派遣

主  催:全日本野球会議

会  場:1会場(幕張メッセ)

受講対象:アマチュア野球指導者

派遣講師:12名


② 財団法人日本高等学校野球連盟への講師派遣

主  催:大阪府高等学校野球連盟

会  場:1会場(大阪府)

派遣講師:1名

 

 

 5.日本高等学校野球連盟関連事業の開催(2,659千円)

各都道府県高等学校野球連盟が主催する現役高校野球部員に対する技術指導へのOB会員派遣


元プロ野球選手技術指導講習会

主  催:各都道府県高等学校野球連盟

受講対象:各都道府県日本高等学校野球連盟加盟校の野球部員、引率責任者

会  場:6県9会場(宮城県、福島県、茨城県、岐阜県、兵庫県、島根県)

派遣講師:のべ38名

《概要》

 

 

 6.会報その他出版物の発行

  (1)会報誌『OB NEWS』の発行(2,256千円)※別途通信費あり

・発行回数:4回(41号:3/31、42号:6/30、43号:9/30、44号:12/24)
・発行部数:各3,500

 

  (2)ホームページの管理・運営(387千円)

 

 

 7.その他目的達成のために必要な事業

  (1)講演会への講師派遣(2,073千円)

行政、団体、企業等からの依頼により、講演会の講師としてプロ野球出身者(OB会員)を派遣。


主  催:行政、団体、企業等

実施回数:9

派遣講師:のべ9名

 

  (2)肖像権使用事業の運営(6,175千円)

テレビゲームソフト、メモラビリア、雑誌、新聞広告等への当会および当会OB会員の肖像権を貸与。


《主な事業》

・テレビゲームソフトの公認
・メモラビリア商品の販売(フォトフレーム、サインボール) ほか

 

  (3)野球振興普及事業(9,971千円)

各種社会福祉施設等の訪問や各種学校からの依頼による進路指導学習への講師派遣および各アマチュア野球連盟等の視察や協賛・後援等を行った。

また、賛助会員、関係者、野球ファンに対して交流の機会を提供し、野球の普及振興に努めた。

 

① 各種社会福祉施設等の訪問、チャリティー野球教室への協力

·「さいたま市障害者スポーツ教室」

スポーツ・レクリエーション活動を通じて、障害者の体力増進・交流・余暇活動等に資すること。また、障害者の社会参加の促進、健康の増進を図ることを目的とした事業。

開催日:2009年6月27日(土)

主 催:さいたま市(さいたま市障害者スポーツセンター)

会 場:さいたま市営浦和球場(埼玉県さいたま市)

受講者:聴覚不自由・知的障害・肢体不自由者 33名

講 師:榊 親一、三橋豊夫 2名

 

② 職場訪問(夢・未来応援プロジェクト ブルペン)

プロ野球OBとのふれあいを通じて「プロ野球選手」および「プロ野球」に携わる職業について児童・生徒に理解を深めてもらうとともに、「夢に向かってがんばる」こと  の大切さを伝え、将来の職業について考えるうえでのきっかけ作りを支援するとともに、心身の健全な発達に寄与することを目的とする事業。

主  催:申請のあった小学校

会  場:当会事務所および野球体育博物館

実施回数:2回

受講対象:小学生 27名

派遣講師:阿波野秀幸、小関竜也 2名

 

③ 各種大会への後援名義の使用許可、視察および記念品等の寄贈等

主  催:各野球連盟ほか

後援件数:14件

 

④ ファンとの交流等

· 平成21年度 感謝の集い

主  催:社団法人全国野球振興会

開 催 日 :2009年12月10日(木)

会  場:グランドプリンスホテル高輪(東京都港区)

参加者数:183名(OB会員除く)

出席OB会員:83名

 

 ·第16回日本プロ野球OBクラブゴルフコンペ

開 催 日 :2009年9月28日(月)

主  催:社団法人全国野球振興会

会  場:久邇カントリークラブ(埼玉県飯能市)

参加者数:128名(OB会員除く)

出席OB会員:53名

 

 ·第10回九州地区日本プロ野球OBクラブチャリティーゴルフ大会

主  催:社団法人全国野球振興会

開 催 日 :2009年11月25日(水)

会  場:麻生飯塚ゴルフ倶楽部(福岡県桂川町)

参加者数:166名(OB会員除く)

出席OB会員:21名


⑤ 日本プロ野球OBクラブ杯九州ブロック中学生野球大会

·福岡県大会

開 催 日 :2009年8月8日(土)、9日(日)

主  催:社団法人全国野球振興会

会  場:(予選)福岡県内の中学校グラウンド

     (準決勝・決勝)雁ノ巣球場

出場チーム:16チーム

 

 ·長崎県大会

開 催 日 :2009年11月21日(土)、22日(日)

主  催:社団法人全国野球振興会

会  場:(予選)諫早市営球場、高来総合グラウンド

         西諫早中学校グラウンド、餅田山グラウンド 

     (準決勝・決勝)諫早市営球場

出場チーム:16チーム

  (4)プロ野球マスターズリーグへの運営協力(10,009千円)

“2007-2008年シーズン” プロ野球マスターズリーグの運営に協力した。しかし、協力金が債権放棄となり、貸倒金が発生した。

 

  (5)スポーツフェアへの運営協力(50,622千円)

財団法人自治総合センターからの依頼により、プロ野球出身者(当会OB会員)および事務局職員を派遣し、運営に協力した。

主 催:財団法人自治総合センター、各地方自治体

協 力:社団法人全国野球振興会、日本プロ野球名球会

内 容:指導者クリニック」「少年少女野球教室」「ドリームゲーム」

会 場:15道府県15会場

派遣OB会員:各会場16名のべ240

 

  (6)広告宣伝(31千円)

当会活動への支援企業(オフィシャルスポンサー)からの年間協賛金
・大和ハウス工業株式会社、株式会社オニザキコーポレーション

 

  (7) 物品販売(0千円)

公認グラブおよびオリジナルグッズの販売

 

  (8)調査研究(434千円)

日本野球機構、日本プロ野球選手会と共同で、キャリアサポート関連施策を実施した。

 日本野球機構「セカンドキャリアサポート」への協力

 キャリアサポートマガジン「NEW BALL」の発行

 

  (9)全国草野球トーナメント(54,482千円)

全国の軟式野球愛好家(社会人)を対象に、草野球の全国大会を開催する。47都道府県において県大会を実施、全国8地区にて地区代表を決定し、8チームによる全国大会を開催。
   · 都道府県代表決定予選:2009年4月29日(水・祝)~2009年10月24日(土)
   · 地区決勝:2009年10月3日(土)~2009年11月8日(日)
        (全国8地区 北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国・四国、九州・沖縄)
   · 全国大会決勝:2009年11月20(金)~21日(土)
   · 参加チーム数:全国1098チーム

 

  (10)OBオールスターゲーム(10,163千円)

 プロ野球OBオールスターゲーム2009in新潟    

開催日:2009年8月9日(日)

主 催:NPO法人新潟野球人

会 場:HARD OFF ECO スタジアム 新潟(新潟県新潟市)

参加OB会員:49名

 

 

 浜松おもしろマッチ“茨城GGvs中日OBとゆかいな中間達” 

開催日:2009年11月14日(土)

主 催:テレビ静岡

会 場:浜松球場(静岡県浜松市)

参加OB会員:12名

 

 ※金額は四捨五入(単位:千円)とする