日本プロ野球史

■ 6月11日〜20日

6月11日

1965(昭和40)

南海の鶴岡一人監督が史上初の1500勝。

 

1987(昭和62)

巨人のクロマティ選手が熊本での中日戦で宮下昌己投手からの死球に怒り殴打。1週間

の出場停止。

 

1996(平成8)

西武の渡辺久信投手はオリックス戦でノーヒット・ノーラン。パ・リーグ25度目、プロ

野球74度目。

 

2003(平成15)

巨人の高橋由伸選手がヤクルト戦(東京ドーム)で12打席目に安打し、7日の横浜戦3

打席目から11打席連続安打、14打席連続出塁のプロ野球タイ記録。

6月12日

1943(昭和18)

後楽園球場で日独伊親善協会と共催で「空の戦力増強推進大会」開催。

 

1959(昭和34)

野球体育博物館(現・野球殿堂博物館)が開場。

 

1962(昭和37)

阪急-大毎、沖縄で公式戦。

 

1966(昭和41)

清俊彦投手(西鉄)、小倉での近鉄戦でノーヒット・ノーラン試合を記録。

 

1979(昭和54)

巨人・王貞治選手、850本塁打。

 

1986(昭和61)

近鉄・石本貴昭投手が7試合連続セーブのパ・リーグ新。

 

1993(平成5)

西武の鹿取義隆投手が通算576試合目の救援登板。

 

1999(平成11)

阪神の新庄剛志選手は巨人戦の延長12回裏、一死一、三塁の場面で敬遠の投球をサヨナ

ラ安打する。

6月13日

 

1954(昭和29)

川崎球場のナイター設備完成。

 

1968(昭和43)

長田幸雄選手(大洋)、5試合連続本塁打のセ・リーグ記録。

 

1983(昭和58)

盗塁の世界記録を達成した阪急の福本豊選手を大阪府知事特別表彰。

 

1986(昭和61)

近鉄・デービス選手が西武・東尾修投手に暴行、退場。

 

1987(昭和62)

広島・衣笠祥雄選手がゲーリッグ選手の記録絵を抜く2131試合連続出場。22日、国民栄

誉賞を受賞。

 

2004(平成16)

近畿日本鉄道の山口昌紀社長は「回収の見込みのない経営資源を投入するのは会社の性

格上無理であり、2チームが合流して巻き返しを図ろう」と、オリックスとの合併に同意

しているのを発表。

6月14日

1941(昭和16)

阪神・堀尾文人、同・亀田敏夫、黒鷲・亀田忠、同・長谷川重一の日系二世の4選手が日

米関係悪化のために帰米。

 

1949(昭和24)

正力松太郎・連盟名誉総裁が辞任。

 

1967(昭和42)

榎本喜八選手(東京)、東映戦でパ・リーグ新記録の通算1828安打。

 

1978(昭和53)

巨人・王貞治選手、1949打点の新記録。巨人・張本勲選手、2828安打の新記録。

 

1988(昭和63)

巨人・クロマティ選手の骨折休場で呂明賜選手が一軍入り。「呂ブーム」が沸き起こる。

 

1992(平成4)

阪神の湯舟敏郎投手が対広島戦でノーヒット・ノーラン試合。

6月15日

1956(昭和31)

飯田徳治選手(毎日)、1000試合連続出場を記録。

 

1995(平成7)

巨人の松井秀喜選手が10号をマーク。高卒選手で5人目の、プロ入りから3年連続2ケタ

本塁打。

6月16日

1946(昭和21)

阪神・呉昌征投手が対セネタース戦で戦後初のノーヒット・ノーラン記録。

 

1973(昭和48)

高橋直樹投手(日拓)、後楽園での近鉄戦でノーヒット・ノーラン試合。

 

2003(平成15)

実行委員会でFA移籍の補償金の減額を決める。金銭だけの場合は現行の年棒1.5倍から

1.2倍、選手による保障がある場合には1.0倍から0.8倍、プロテクト枠は30人から28人に

なり、FA資格取得期間は9年に統一される。

6月17日

1942(昭和17)

巨人と函館大洋倶楽部が函館球場で「久慈次郎追悼試合」。12-12

 

1944(昭和19)

空襲のため後楽園球場で開催予定の東西対抗戦を中止。

 

1966(昭和41)

小山正明投手(東京)、東京球場の西鉄戦で通算58試合無四球を記録。

 

1990(平成2)

近鉄のブライント選手は通算100号を246試合での打つスピード新記録を樹立した。

 

1998(平成10)

横浜の佐々木主浩投手が阪神戦で17試合連続セーブのプロ野球新記録。

 

2003(平成15)

オリックス-ダイエー戦(盛岡)は2111でダイエーが勝つが、4時間54分は9イニングの

リーグ最長記録。

 

2004(平成16)

パ・リーグの緊急理事会は近鉄、オリックス両球団の合併を承認。21日に12球団の代表

で構成するの実行委員会でも承認。

6月18日

1978(昭和53)

阪急、パ・リーグ前期優勝決定(44201分)。

 

1988(昭和63)

ヤクルト・デシンセイ選手が史上初の2試合連続サヨナラ本塁打。阪急・藤田浩雅選手が

史上5人目の代打逆転満塁サヨナラ本塁打。

 

1989(平成元年)

阪神の真弓明信選手が3試合連続代打ホームラン。

 

2001(平成13)

西武のカブレラ選手は近鉄戦で両リーグ一番乗りの30号を放つが、開幕から64試合目は

76年の王貞治選手(巨人)と並ぶタイ記録。

 

2002(平成14)

日本ハムの札幌移転がパ・リーグ理事会で承認される。04年から本拠地を札幌ドームに

移した。

6月19日

1955(昭和30)

武智文雄投手(近鉄)、中日球場の対大映戦で史上2人目の完全試合。

 

1957(昭和32)

金田正一投手(国鉄)、後楽園の巨人戦で通算三振奪取1967の新記録。

 

2003(平成15)

巨人は17日からの札幌ドームの広島3連戦に10年ぶりに全勝。清原は札幌で8試合目にし

て初本塁打。

6月20日

1961年(昭和36年)

国鉄(現・東京ヤクルト)・森滝義巳投手が、対中日戦で史上7人目のパーフェクト・ゲ

ームを達成。

 

1976(昭和51年)

巨人・張本勲選手、30試合連続安打。

 

2002年(平成14年)

ヤクルトの新人・石川雅規投手が、対中日戦で5勝目を挙げるが、これでセ・リーグ全球

団から勝利を挙げる。

参考資料:「日本プロ野球60年史」「日本プロ野球70年史」「ダイアリー日本プロ野球史」(2005年版)

   <()ベースボール・マガジン社 発行>