2013年

10月

31日

追悼 「日本プロ野球OBクラブ」初代会長・川上哲治氏の死を悼んで

 

 

 プロ野球の草創期から巨人で活躍し「打撃の神様」「赤バットの川上」と呼ばれ、巨人の監督として9年連続の日本一という輝かしい功績を残された川上哲治氏が、1028日午後458分、老衰のため都内の病院で逝去されました。享年93歳。葬儀・告別式は、氏の遺志により近親者による密葬で行われたことが、同月30日に発表されました。

 

 卓越したバッティングで戦前・戦後の野球ファンを魅了し、1959年(昭和34年)のシーズンから監督に就任、1965年(昭和40年)から9回連続「日本一」いわゆる「V9」の偉業を成し遂げ、プロ野球隆盛の一時代をつくられたと同時に、55歳で監督を退いた後は、野球教室を通じて少年たちの技術指導にあたるなど、その生涯を野球に捧げられ当振興会を牽引していただきました。

 

 川上氏は、日本プロ野球OBクラブ(1994年=平成6年=43日設立)の初代会長を2年間務め、現在の(公社)全国野球振興会の礎を築かれました。川上氏が蒔いた「野球の種」が今日の野球界という“大木”に育ちました。

 川上氏の在りし日を偲び、謹んでご報告します。

 

 

 

哀悼の辞 

  

 偉大なるプロ野球人の突然の悲報に、たいへん驚きと無念の気持ちをもって接しました。

 プロ野球草創期を牽引したそのバッティングは、当時の学生たち誰もが憧れたものでした。1958年(昭和33年)に私がプロ入りして迎えた最初のシーズン、巨人は「三番・長嶋茂雄、四番・川上哲治」、迎え撃つ中日は「三番・西沢道夫、四番・森徹」というオーダーで対戦し、みんなが憧れた「打撃の神様」と対峙して試合に臨んだことが懐かしく、そして私の生涯の「勲章」でもあります。

59年(昭和34年)より監督としてプロ野球界を牽引し、メジャーリーグの戦法を研究し、日本に新たな戦術をもたらした先駆的な存在でもありました。50代半ばで監督をお辞めになったのち、20年近くにわたって野球の指導に当たってこられました。その間、「日本プロ野球OBクラブ」が設立され、それまであった「日本プロ野球OB会」(会長・水原茂氏、副会長・青田昇氏=いずれも故人)をより発展させてプロ野球出身者であれば、誰もが参画でき、野球界の発展に寄与する組織としての基礎づくりに尽力されました。川上さんのご遺志を、私たち会員はいつまでも誇りに思い、襟を正して活動を続けて参りたいと思います。

あの時代、誰もが憧れた「背番号16」「打撃の神様」川上さん。日本のプロ野球に多大なる功績を残された川上さん。長い野球人生、ほんとうにお疲れ様でした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。いまは、静かに「赤バット」を置かれ、安らかにお眠りください。

 

2013年(平成25年)1031

 

公益社団法人全国野球振興会

(日本プロ野球OBクラブ)

 

理事長  森  徹