2016年

12月

07日

個人情報(メールアドレス)の流失に関するお詫びと報告

この度、当会において、メールを送信する際、担当者がメールアドレスを誤って宛先欄(TO)に入力して送信したため、個人情報が流出する事故が発生しました。該当者の皆さまには深くお詫び申し上げますとともに、下記のとおり対応策をとり、再発防止に努めてまいります。

 

1.事故の概要

 2016121日(火)に学生野球資格回復研修会受講生宛てに当会より送信いたしました「学生野球資格回復東京会場案内」のメールに、本来であれば送信先のメールアドレスが表示されない(BCC)にて送信すべきところを、誤って宛先欄(TO)で送信したため、メールアドレスがお互いに閲覧できる状態となりました。

 

2.対象件数および被害状況

 対象件数:125

 現状本件に起因する、被害状況については、把握しておりません。

 

3.再発防止策 

 当会の全職員に対して、今回の事案発生を周知することにより、個人情報の取扱いに関してより一層の注意喚起を行い、今後、複数のアドレス宛てにメールを同報する際は、アドレスがBCC欄に入力されていることの確認を複数人で行うことを徹底する等により、再発防止に努めます。